方眼ノート1DAYベーシック講座.jpg

方眼ノート1Dayベーシック講座

「〇〇さんと比べたら、私なんか・・・」

「失敗したらどうしよう」

「きっとできない・・・」

と思っていませんか?

「できていない」は自分の思い込みでした

omoikomi.jpg

かつての私は、全く自分に期待していませんでした。

 

周りから「完璧な人」と思われたいのに

何も極めることができず、動けずにいたんです。

 

「1番じゃない自分はダメ」だと思っていました。

 

だんだん自分に自信がなくなり、

人と会うのも嫌になっていました。

 

そんな私があることをしたら

自分のことを認められるようになり

ガラッと変ったんです。

 

「できるできない」

「うまくやらなきゃ~」

ではなく

 

「やりたいことはやりたいと言ってOK!」

「やっていくだけ!」

と思えるようになったんです。

いったい何をしたのか?

方眼ノートを手にし、書きだしただけなんです。

書き出すことで、自分の成長も見えてきて

できている自分に気づくことができました。

 

「できていない」は自分の思い込みだったんです。

自分だけでなく子どもにも変化が!
笑わなくなっていた子どもの心が解放されて
目に輝きが戻りました

自分のことを認められるようになったことで

子育てが変わりました。

 

それまでの私は

『母』として認められたい。

子どもにちゃんとさせないと!

こんな風に思っていたんです。

kogoto.jpg

子どもが0歳の時から早期教育に走り

転ばないように

失敗しないように

先回りしていました。

 

そのことで大変な問題が起こりました。

 

子どもが年長の時に、笑わなくなってしまい、

冷めた目付きで、子どもらしい喜びや悲しみを出さなくなったんです。

感情を出さないので、淡々と過ごし、ただ、ぼ~っとしている。

いろんなことに挑戦することもなくなりました。

 

そんな子どもの様子をみて

 

これは、やらかした・・・

私、間違っているかも・・・

 

と衝撃を受け、いろいろ調べました。

 

そこで出会ったのがどんぐりです。

 

反省し、次こそは!と

どんぐりを始めたのですが

うまくいきませんでした。

 

やることはやってるけれど、うまくいかないんです。

間違った方法で何年も頑張ってきました。

 

今だからわかるのですが

大事なマインドが違っていたんです。

 

方眼ノートに出会って

自分にOKが出せるようになり

失敗も大丈夫と思えたことで

子どものことを待てるようになりました。

 

失敗しても大丈夫!

 

マインドが変わると

 

結果だけを重視するのではなく

失敗しても、どんな学びがあるのか?

楽しめるようになりました。

 

子どもにも目の輝きが戻り

「今日も最高!」と毎日を楽しんでいます。

happy.jpg

鼻歌を歌いながらも

スッと集中して

カンタンではなかった

どんぐり問題にも取り組めるようになりました。

 

自分の力を信じて歩む姿に

何があってもこの子は大丈夫!

と思えるようになり

子育てが楽しくなりました。

 

「ちゃんとしなさい!」

と言い続けていた頃から比べると

何をやっていても可愛いなと思えて

幸せを感じる時間をすごせています。

頑張っているお母さんほど
子どものことが見えていないのかもしれません

これまで、なにかを教えるなんて

極めてないとできないと思っていました。

 

自分が仕事として『伝える』なんて

考えたこともありませんでした。

 

それが、方眼ノートに出会ったことで

自分を認められるようになり

少しでもお役に立てるならと思えるようになりました。


 

実は、必死過ぎて子育てが本当に楽しくなかったんです。

 

あれもできてない

これもできていない

そんな風に思っている間に

子育ての時間って過ぎていきます。

 

私も気が付けば9年間、子育てを楽しめずにいました。

 

子どものやる気を育てたい。

考える力を伸ばしたい。

 

そんな風に思っているのに

今、目の前の100点しか見えていないと

本当につけたいチカラはつかず

ただできるだけになっていました。

 

できるが増えても

思考力は育ってない

子どもから笑顔が消えた・・・

 

私がしたいのはこんなことじゃない!

 

頑張っているお母さんほど子どものことが見えていないのかもしれません。

かつての私がそうだったように。

good.jpg

そんな、お母さんたちの肩の荷を下ろしてあげたい。

私と同じように悩んでいるお母さんたちがいるとしたら

自分の経験をお伝えすることでお役にたてる。

 

そんな想いで『伝える』仕事を始めました。

 

自分自身を認めることができると

子育てが変わります。

 

私なんかって思っていたのが今では

私が『伝える』ことでお母さんたちが笑顔になり

子どもたちの目がキラキラ輝いている。

 

そんなイメージが鮮明にできるようになって

ワクワクが止まらなくなりました。

 

あなたもイライラや不安をゼロにして、

子育ての時間を楽しみませんか?

 

方眼ノート1Dayベーシック講座でお待ちしています。

●講座内容●
① 現在のあなたのノート診断
② 成績も生きる力もアップさせる階段と3つのノート
③ 仕事も勉強もできる人が必ずもっている、たった1つのキーワード
④ 学びを実践につなげるノートの使い方
⑤ インプットとアウトプットを10倍にするノートワーク
⑥ 10分で変わる!相手にわかってもらえる伝え方


<特別受講特典>
・無料1カ月間フォローアップ
・図解版「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」書籍、
      A4方眼ノート、ペンセットプレゼント
・『天使の子育て』方眼ノートフォローアップLINEグループにご招待
・Facebookフォローアップグループへご招待
      .※Facebookアカウントをお持ちの場合
(高橋政史氏による月1回のフォロー講座を無料で受けられます。)


 

 


●開催概要●
【日時】

2022年10月(2daysで開催)

12日(水)11:00~14:00
13日(木)11:00~14:00 

2022年11月(2daysで開催)

16日(水)11:00~14:00

17日(木)11:00~14:00 

2022年12月(2daysで開催)

14日(水)11:00~14:00

15日(木)11:00~14:00 

2023年1月(2daysで開催)

11日(水)11:00~14:00

12日(木)11:00~14:00 

2023年2月(2daysで開催)

15日(水)11:00~14:00

16日(木)11:00~14:00 

★開催日の1週間前までにお申込みください

      
【会場】
オンラインにて開催
(メールにてZOOMのID、パスワードをお伝えします)


【料金(お一人様)】
高校生以上:35,000円(税込:38,500円)
中学生:19,000円(税込:20,900円)
※申し込み後、お知らせする口座への事前のお振込みをお願いいたします。

 


【持ち物】
・解決したい!お悩みなお困りごとごとを3つ
・普段お使いのノート(直近でお使いの物)
・普段お使いの筆記用具
・30㎝定規(あれば)
・お飲み物


 

<キャンセルポリシー>
お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は、勝原までご連絡ください。

メール:info@tenshinokosodate.com

申し込んだ講座をキャンセルされる場合、一般社団法人日本ノートメッド協会のキャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生します。
申し込み前に必ずご確認ください。

◆キャンセル料*
連絡なしの不参加:受講料の100%*
開催当日~1日前(前日)のキャンセル:受講料の100%*
開催2~9日前のキャンセル:受講料の50%*
それ以前のキャンセル:無料

◆開催中止について
こちらの都合により講座を中止する場合は、講師の急病などやむを得ないときを除き、原則として講座開催の7日前までにメールまたは電話でご連絡します。受講料は全額返金します。

◆払い戻し方法について
ご指定の口座に受講料を返金します。勝原に以下の内容をご連絡ください。

・返金を希望する口座の金融機関名
・支店名
・口座種目(普通 または 当座)
・口座番号
・口座名義:※名義はカタカナでご記入ください

​開発者 高橋政史

累計47万部のベストセラー作家

日本ノートメソッド協会 代表理事

クリエイティブマネジメント株式会社 代表取締役

 

著書はシリーズ20万部突破の『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』他多数。

日本のみならず中国・台湾でもベストセラーに。

香港のマーケティング 会社のCOO(取締役)を経て、戦略系コンサルティングファームにて経営コンサルタントに転身。

その後、教育の道へ入り出版した本が軒並みベストセラーに。全日空、キャノンマーケティング、NTTドコモ、リクルート、リコー、ニッセン、富士通、デンソー、アサツーDK、プルデンシャル生命、ブックオフ、みずほ銀行、宮崎市役所他、講演実績多数。

一般社団法人日本ノートメソッド協会の代表理事として、650名以上のトレーナー、5000名を超える受講生を輩出。また、27都道府県で「すごい!読書感想文教室」を毎年開催。

高橋政史氏と