深い集中②

先日のゼロイチ☆ほっとカフェでお話した

『お母さんが手渡せる本物の思考力!」


では、本物の思考力をつけるためには

どうしたらよいか?


大事なのは 深い集中力!

そして

重要なのは 思考の忍耐力! です。


つまり

ゾーンに入った状態で

様々な考えを持続し展開するために

考え続ける力をつけることです。


この、様々な考えを持続して展開するためのしかけ

どんぐり問題にはあります。


それは、同じ問題が何度か登場することです。


これの何が凄いかというと


一度解けた問題でも

違う解き方があるかどうか

こどもが考え出すのです。



下の絵は、娘が小4の3月に解いたときのものです。


<5MX02>  月  日( )右隣(みぎどなり)に住んでいるガメラ君は昨日UFO(ユーフォー)2機とヘリコプター1機を530億円で買いました。左隣(ひだりどなり)のギャオス君は同じUFO1機とヘリコプター3機を340億円で買いました。評判(ひょうばん)が良いので、明日、僕はUFO5機とヘリコプター5機を買うつもりです。何円用意する必要があるでしょうか。


最初に、UFO1機100億円と予想しながら、解いています。

(右ページ上の方)



それから半年後



今度は前回と違う方法で解きました。


同じ問題でも、こんなに違う

しかも半年でこの違い!


これが、どんぐりのしかけです。


このように、子ども達は

同じ問題でも

別の解き方はないだろうか?

もっとかんたんに解く方法はないだろうか?


と自然に考え、

自分の成長を

どんどんついてくる思考の忍耐力を

自己肯定感増し増しにしながら

認識していきます(*^_^*)


鼻歌を歌いながら

リラックスしながら

お絵描きしながら

週2問解くだけなのに

どんどん思考力がついてく(*^_^*)



次回は

小2女子が1時間かけて解いた実例を

お伝えします!






閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示